家族の楽しい暮らしを提案 設計事務所 [独楽蔵]ブログ @埼玉

建築設計事務所「独楽蔵(こまぐら)」での有機的な生活と仕事について

日高市 フレンドこども園 新築工事現場 木造部分上棟

本日(11/15)、木造部分(平家:保育室)部分の建方(上棟)をしています。

見ているとたのしいので、お近くの方は、見てみてください・・・。

*上棟:柱や梁を建てて、建物の骨格が出来上がります・・・



独楽蔵ホームページは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

さいたま市 幼稚園の保育室 改修 木製建具制作

①ガラスが重なると貼ってあるカラーフィルムの色がいろいろと変化する引き戸

②引き違い戸の、さらに中にある子引き戸
 (危ないので親引き戸はストッパー付きです)

yuriga004-1000.jpg

yuriga001-500.jpg

yuriga001-1000.jpg

yuriga005-500.jpg

独楽蔵ホームページは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

さいたま市 幼稚園の保育室 改修 園児用ロッカー&引き出し 本立て

園児のためのロッカー&引き出し。

引き出しの引手は、エゴの枝の両側面を削って落としたモノ。
(「タイコ落とし」といいます。)

自然の枝で、同じモノはないので、

触覚や形のおもしろさを感じてもらえるとうれしいです・・・。

エゴの引手は、卒園の時に、それぞれの園児に渡せるように

取り外し出来るようにつくってあります。

ロッカーの上のかまぼこは、

本の表紙が見えるような「絵本たて」になっています・・・。

yuriga006-1000.jpg

yuriga011-1000.jpg

yuriga012-1000.jpg

独楽蔵ホームページは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

【「家づくり」の本質は、工事過程の充実にあります】川越市新宿 木造新築

埼玉県川越市で住宅の上棟がありました。

普段は1~2名の大工さん進んでいく住宅の工事ですが、

上棟の際は、大工さん数名や、鳶さん、クレーン車など多くの職人さんが集まって、

家の骨格をつくっていきます。

昔はお餅を撒いたり、宴をしたりしました(現在もありますが・・・)ので、

ある種のお祭りのようなモノです。

大体一日で、家の骨格が姿を現します。

基礎のコンクリートの部分はもう完成していますが、

その上の土台から始まって、柱、梁、小屋組(屋根の部分)が順番に出来て行きますので、

家の仕組みがよくわかりますし、何より見ていてたのしいんです。

お客さんのご家族の中に、お子さんがいらっしゃれば、ぜひぜひ見てほしい作業です。

今回も、施工業者の監督さんが日程を土曜日に調整してくれたので、

ご家族全員そろって、見ていただくことができて、よかったです。

家の完成が目的の「家づくり」ですが、

家が出来る過程も存分に楽しんでこそ本当の意味での「家づくり」が

実感できるのではないでしょうか・・・。


10年後大きくなった子供たちに、今日のこの日のことを覚えているかどうか・・・

聴いてみたいです。

171112.jpg

独楽蔵ホームページは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

日高市 フレンドこども園新築工事 鉄骨の製品検査に行ってきました

【フレンドこども園 新築工事】

栃木県の鉄工所に、鉄骨の製品検査に行ってきました。

鉄骨の寸法、溶接部分の検査確認です。

設計の仕事は図面で計画するだけなので実際に出来上がった部材や建物を見ると、

作業をして、実物をつくっている職人さんはすごいなぁ〜といつも感心してしまいます・・・。

来週からはいよいよ現場のほうで、鉄骨の建て方作業、木造の建て方作業が始まっていきます・・・。

23456584_1564488553611092_1302907449237563831_o.jpg

23467068_1564488360277778_9055405127718974700_o.jpg

23405715_1564488473611100_9128280421571487865_o.jpg

23406080_1564489096944371_3747902648718449089_o.jpg