有機な日々 (設計事務所ってどんなトコロ?)

建築設計事務所「独楽蔵(こまぐら)」での有機的な生活と仕事について

【あなたは「海派」?「山派」?】

あなたは「海派」?「山派」?の質問に、天邪鬼の私はいつも「川派」と答えます。

今朝も、仕事に出かける前に、家の下を流れる高麗川をチェック。

チェックといっても、なにもしません。ただ見てるだけです・・・。

今朝は、先日少しだけ雨が降ったので、ほんのちょっとだけ水量が多いような気がします。(本人比)


「海なし県」と言われている埼玉県ですが・・・、

一級河川が161本もあって、河川の面積は、県全体の面積の約3.9%で日本一だそうです。

水辺空間では、約5%(ちなみに、水辺空間とは、河川に湖、沼などを含めた数字です。)あります。


ここを県として、もっと、グイグイとアピールしていいんじゃないかなぁ〜と思う今日この頃・・・。

17264419_1408110555936049_1226802220511343170_n.jpg

独楽蔵ホームページはこちら


  1. 2017/03/18(土) 10:07:22|
  2. ちょっと思ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【38年間 暮らしの歴史】

以前、お世話になった住宅へお邪魔しました。

築38年。

先日、事務所の小屋裏から出してきた手書きの図面の家です。

手書きの図面からも、当時の熱量を感じましたが、

実際の家も、家の各所に、家族の暮らしの歴史を感じました。


和室と和室専用の玄関の写真を撮らせてもらいました。

いい和室に入ると身が引き締まります・・・。

17352023_1322625571130726_6146713045144000185_n.jpg

17343010_1322625601130723_8134372949597739929_n.jpg

17309276_1322625567797393_345730578049381734_n.jpg

17361970_1322625581130725_8670599692002800716_n.jpg

17362599_1322625537797396_4082313679669139725_n.jpg

17352111_1322625534464063_5567839189789349542_n.jpg

17353466_1322625541130729_2800787331819137515_n.jpg

17361887_1322625611130722_6747597671412290801_n.jpg

17353280_1322625617797388_6546833052053612648_n.jpg

独楽蔵ホームページはこちら



  1. 2017/03/17(金) 19:58:04|
  2. くらし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【芝のお手入れ:エアレーション】

啓蟄(けいちつ):菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

土の中から、虫たちが這い出してくるこの季節。

芝の成長もこれからです。

スパイクのついた道具を使って、一定の間隔で、土に穴を開けていきます。

芝の根に空気を送ってやることで、芝を活性化させるのです。

この作業をエアレーションといいます。


このエアレーションによって、水はけも良くなりますし、古い根の根切りの刺激で、より発育が促進されます。

今日は久しぶりにいい天気になりました。朝一番の仕事は屋上の芝のエアレーションです。

17351977_1405149572898814_153782204057902458_n.jpg

17352510_1405149562898815_791551958432324455_n.jpg

17361985_1405149569565481_5776721039101024352_n.jpg

17353364_1405149566232148_452849374277075683_n.jpg

独楽蔵ホームページはこちら



  1. 2017/03/16(木) 13:35:49|
  2. 事務所の環境|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【独楽蔵 KOMAGURA 和の空間】

うちの事務所って、結構、和風も得意なんです・・・。



独楽蔵ホームページはこちら

  1. 2017/03/15(水) 19:20:11|
  2. 建築設計事務所について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【リフォームの胆は「ガマンの為所(しどころ)」】

リフォームは、自分のやりたいことを積み上げていくと、

予算的にも金額がどんどん増えてしまう傾向にあります。

計画を進める際は、最初に大まかな予算を決めて、自分が何をしたいか明確にすることが大事ですね。

お客さんが希望するリフォームを項目別に分類していくと、たぶん次のように分けることができます。

こんな感じで、ご自身の頭の中を整理しておくと、工事の優先順位を決めやすいのでは・・・、と思っています。

① 局所のインテリアを充実させたい(リビング、キッチン、お風呂など・・・)

② 地震が心配なので、家の耐震性をUPしたい

③ メンテナンスの理由(屋根や外壁、外廻りの劣化など)

④ 家自体の快適性を上げたい(「寒い」、「熱い」、「カビっぽい」など、気になる部分がある)

⑤ 家族の生活に合わせて、大々的にプランを変更したい

⑥ 今の生活にプラスの部分がほしい(増築やコテージなど・・・)

優先順位が決まってくると、自分の中で「ガマンの為所(しどころ)」の線引きが必要になってきます。

ここのラインが重要です。みなさん、予算は限られていますので、ここでずいぶん違ってきます。

また、工事はいろいろな業種の職人さんが関わります。

大工さん、電気屋さん、設備屋さん、家具屋さん、板金屋さん、タイル屋さん、内装屋さんなど・・・、

基本的に作業に関わる職種が増えると、工事金額が増える傾向があります。

ですから、大工さんだけ、電気屋さんだけで済むのなら、なるべくそのほうがいいのです。

そういう方向から考えても、優先順位が考えやすいかもしれませんね。

本当は、折角直すのであれば、

将来的にメンテナンスの費用や日々のランニングコストがかからないように、

屋根、外壁、サッシ、断熱材、耐震壁を良くしたいですが、

そうなるといろんな職人さんが関わりますし、家全体に渡った作業になりますので、

ここも「ガマンの為所(しどころ)」見極めが大事です・・・。



hoshino-01.jpg

独楽蔵ホームページはこちら


  1. 2017/03/14(火) 17:40:16|
  2. ちょっと思ったこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

前のページ | ホーム | 次のページ