日本キリスト教団 武蔵豊岡教会

W.H.ヴォーリズ設計の「日本キリスト教団 武蔵豊岡教会(埼玉県入間市 1922)の見学会に行ってきました。

今日はの見学会は建築士会主催なので、小屋裏も見せていただけるそうです。

121218-01.jpg

計画当初は小屋組のトラスも表し(あらわし)にする予定だったらしいですが
(類型:明治学院礼拝堂:1916 W.H.ヴォーリズ設計)

計画または施工の途中で、天井を張る大規模な変更があった模様。

ヴォーリズの他の教会には見られない格天井(ごうてんじょう)が、

大正時代の和洋折衷感を醸し出しています。

121218-02.jpg

プロテスタント教会の講壇(?)

同じ宗派でも、円形のモノはめずらしいそうです。

121218-03.jpg

会堂後部

上部には桟敷状の座席あり。下部は建具の向こうにタタミのスペースがあったらしい・・・。

121218-04.jpg

上部桟敷席

ここからハシゴを登って小屋裏を見学。

121218-05.jpg

小屋裏の様子

関東大震災、そして昨年の東日本大震災も大丈夫だったようです。

トラスの小屋組は当初の掛け方と異なります。

現在の姿もキレイですが、トラスの小屋組をあらわしにする原設計の会堂も

見てみたかったなぁ・・・としみじみ。

121218-06.jpg

図面の青焼きも見せて頂きました。

手書きの図面は、やはり書いたヒトの熱量が伝わる気がします。

121218-07.jpg

外観はこんな感じです。


独楽蔵ホームページ


0 Comments

Leave a comment