国木田独歩「武蔵野」より

「十一月十九日 - 天晴れ、風清く、露冷ややかなり。

満目黄葉の中緑樹を雑ゆ。

小鳥梢にてんず。

一路人影なし。

独り歩み黙思口吟し、足にまかせて近郊をめぐる」・・・

国木田独歩「武蔵野」より

121119-002.jpg


独楽蔵ホームページ


0 Comments

Leave a comment