配筋検査

住宅の現場です。

ただいま、基礎鉄筋の配筋(鉄筋を並べること)工事が終了したところ・・・。

敷き詰めた鉄筋の下には、地面からの湿気が床下に入り込むことを防ぐために
防湿シートが全面に敷き詰められています。

ピンコロと呼ばれる小さなコンクリートブロックに鉄筋を乗せることによって
鉄筋を5cm程度、防湿シートから浮かしてあります。

これはコンクリートを流し込んだ時に
ちょうどコンクリートの真ん中に鉄筋が来るようにするためで・・・

こうすることによって、コンクリートの強度や鉄筋の劣化(錆びなど・・・)を
防ぐことができるようにするためです。

鉄筋の検査も無事に終了しましたので
明日はいよいよコンクリートの打設です。

120830-01.jpg

現場では、だたいま設備屋さんが麦わら帽子で作業中。
(落下するような危険物がないため)

暑いので気をつけてくださいね・・・。

0 Comments

Leave a comment