職人さんいろいろ

基礎屋さん
鳶さん(足場、上棟など)
大工さん
瓦屋さん
板金屋さん(板金:薄い金属板を使用して、屋根や外壁を葺く・雨樋取り付け)
左官屋さん(モルタルやシックイ、土壁など施工)
防水屋さん(陸屋根:フラットな屋根の防水工事など)
タイル・石屋さん
建具屋さん(木製建具作成・取り付け)
サッシ屋さん(金属建具工事)
内装工事屋さん(壁紙など)
ペンキ屋さん(各種塗装、吹き付け)
住器屋さん(ユニットバス・システムキッチン取り付け)
電気屋さん(電気関係全般)
設備屋さん(給排水工事など)

看板屋さん
植木屋さん
薪ストーブ屋さん

住宅や建物の工事に関係する職人さんたちです。
それぞれ独立した会社で仕事をされています。

それらすべての工事や段取り、見積もりをまとめるのが、
元請けの施工会社の現場監督さん(現場代理人さん)です。

そして、お客さんと独楽蔵(設計事務所)

「家造り」は、このすべての人たちが一つのプロジェクトのチームになって進んでいきます。

設計の仕事というと事務所で孤独に図面を書いているというイメージがあるかもしれませんが、
こうした方々とのやり取りも比較的多く、
気持ち的には、チームの一員として会社の枠を超えて働いているという感覚です。

一時期に一つのチームだけではなく、複数のプロジェクトが進行していますので
いろいろなタイプのチームに所属しているような感覚かもしれません・・・。

家づくりが終了するとチームは、解散してしまいますが、
別の現場でまたご一緒したり、街で見かけて声をかけたり、
数年後、増改築などで、また同じお客さんのもとに再会したり・・・。

こういう人脈は、仕事をする上でホントに宝物になっていると思います・・・。

0 Comments

Leave a comment