太宰府2

打ち合わせの日の朝、

お客さんのお宅におじゃまする前に、太宰府天満宮に参拝してきました。

タクシーの運転手さんが本殿に近い西門に廻ってくれましたが

せっかくですので、お願いして太宰府駅のほうに向かってもらいました。

111220-11.jpg

バスの待機は大変そうですが、太宰府駅、ロータリー、

表参道の幅、天満宮までの距離など、

すべてがちょうどいいスケール感でまとまっている感じがします・・・。

終点の駅は、やはり風情がありますね。

正面に見える山で季節感を感じながら、ほどよい坂の石畳を登っていきます。

111221-14.jpg

境内に入って左に折れ、パッと視界が広がると、開放感を感じる第二章のはじまり。

整備された水平ラインに立つ巨大なクスノキに圧倒されます。

併設の幼稚園で遊ぶ子供たちの元気な声を聞きながら、

前方の視線を遮る太鼓橋の結界を渡ると・・・

111220-13.jpg


彼方に大鳥居、楼門が見えるようになっているようです。(第三章)


表参道で左右方向、太鼓橋で上下方向の変化で視線を揺さぶられ・・・

神聖な気持ちの静まりと相反する気分の高揚感。

そして、また楼門によって視線が遮られ、焦らされます・・・。

柱の間から、わずかに本殿がちらちら・・・。

111220-12.jpg

楼門をくぐるとクライマックスの本殿と回廊

とても大きく立派な建物ですが、

低く抑えられた軒と屋根のラインが、どことなく控えめで上品な印象です。

天満宮を見て言うのも何かおかしいですが・・・

とても、”日本らしい考えがちゃんとカタチになった風景”だなぁ~と感じます。


朝から、キリッとした気持ちになって、気持ちがよかったです。


2 Comments

ここ  

明けましておめでとうございます。
佳いお年をお迎えのことと存じます。
akihitoさんの視線や、お仕事のお話などなど、拝見してはいつもすっと爽やかな気持ちにさせていただいております。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ところで!
太宰府天満宮のお写真を見つけて、大層ビックリしておりました。
私の赴任先の部屋は、太宰府天満宮にほど近いところにあります。
この先、またお近くにお見えの際には、もしよろしければ、ご連絡下さいま
せんでしょうか。是非おめにかかりたく思っております。
ご迷惑でなければ、連絡先など申し上げたく存じます。
良い方法がありますでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

2012/01/07 (Sat) 09:11 | REPLY |   

akihito  

ここさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

わたしも機会があえば、お会いしたいと思っておりました。
どうぞよろしくお願いします。

2012/01/07 (Sat) 10:24 | REPLY |   

Leave a comment