日本は世界有数の森林国

日本は、世界有数の森林国です。

世界第2位で、国土の約68%を森林が占めます。

ちなみに第1位は、フィンランドで約72%

世界の平均は、約30%程度で・・・

環境先進国のドイツやカナダでも32%、イギリスは12%ほどしかありません。


ヨーロッパで、石造りの住宅文化が発達したのは、

約1000年間の間に、農耕、牧畜、都市開発などで森林が伐採されて

材料としての木材が、十分になかったためだともいわれています。


アメリカで、2×4の建物が普及したのも、西部開拓時に、やはり木材がなく

東部から、なるべく少ない量で運搬する必要があったためで

決して耐震性に優れていたからではありません。

(別に耐震性に優れていないというわけでもありませんが・・・)

一方、高温多湿の日本は、森林を伐採しても荒野にならず森が自然に再生していきます。

材料は、ふんだんにあるにもかかわらず、現在、日本の木材自給率約20%です。

まさに、MOTTAINAI !


食品の分野では、近年、地産地消の国産食材などが一般的になってきていますが

建築材料の分野はこれからというところでしょうか・・・。


0 Comments

Leave a comment