天気と写真

こんばんは。

今日は、日が落ちてから、大分寒くなってきました・・・。

きのうの天気の話のつづき・・・


わたしの仕事の中で直接、天気が関係するのは、建物の写真を撮影に行くときでしょうか・・・。

やはり、晴れの日と、曇りや雨の日の写真では、写真の見栄えが全然違います。

建築をやっていて、言うのもなんですが・・・

風景のイメージは、建築以外の要素によるところが多いですね。


空の色や、影の落ち具合、建物の廻りに、木々や草花があるかどうかなど・・・

それらによって、建物のイメージが随分違ってきます。

これから段々と冬に近づいていきますが、

落葉樹の葉が落ちてしまう冬は、どうしても写真が寂しい感じになってしまいます。


写真は実際の風景を、より客観的な視点で見られるので、いろいろな発見もあります。

逆の観点から言えば、写真を見ることによって

実物以上に自分の家がどういう状態か、客観的に見ることができるかもしれません。

「なんか、この部分が雑然としてるなぁ・・・」

「普段は気がつかないけど、いろんなモノが置いてあったり・・・」

「この場所に木や草花があると素敵だ・・・。それとここにデッキもほしいなぁ~」などなど


建物をいじるのは、結構お金のかかることですが、

廻りのことだとそんなでもなかったり、自分でも出来ますし・・・。

結構、おすすめです・・・。

111109-0001.jpg

うちでは、なぜかラベンダーが咲いています・・・。

0 Comments

Leave a comment