天然の床ワックス材「アウロ NO.431」

天然の床ワックス材「アウロ NO.431」

無垢フローリングのメンテナンスに便利な天然の床ワックス材です。

通常のワックス材ですと、水拭きなどで汚れ落としをした後にワックスの塗布という工程ですが
「アウロ NO.431」の場合は、原液を水で30倍に薄めた液で
汚れ落としとワックス掛けが一度に出来る手軽さがあります。

オレンジオイルをベースとした100%天然原料の塗料のため
子供が床使いするご家庭や、アレルギーやペットことなどでご心配な方には、
もってこいの材料だと思います。

ちなみに我が家では、休日の朝食後、子供達がTVでアニメを見ている間に
ぞうきん掛けの拭き掃除をしている感覚で使用しています。

作業中、作業後の柑橘系の香りもさわやかで、手触りも全く気になりません。

111009-10.jpg

難点は、強力な保護材では無いので、無塗装の無垢フローリングにそのまま塗布出来ないこと。

同じく強力な保護材では無いので、マメなメンテナンスが必要なこと。
(HPには、月に2回程度の割合と書かれています。)

塗布後、汚れが落ちた感覚はありますが
ワックスを掛けた感覚(ツヤなど)があまり残らないことでしょうか・・・。

無垢の木材に本格ワックスを施したい場合は、同社に「AURO No.129」
という別の天然床ワックス材がありますが、
もちろん油性のため、上記のような手軽さは、あまりありません。

0 Comments

Leave a comment