断熱材

埼玉県飯能市の住宅の現場です

110902-03.jpg

外部は、外壁の下地(モルタル)の下地(木ズリ)まで、終了しています。

下地(木ズリ)の下の部分がオレンジに染まっているのは
防蟻処理材によるものです。

地面から1Mの高さまで、塗布の必要があります・・・。

110902-04.jpg

内部は、断熱材の施工が終了しています。

今回の住宅は、「フラット35 S」の省エネルギーの基準に対応した仕様になっていますので
発砲ウレタン系の断熱材を採用しています。

発砲ウレタン系の断熱材のメリットは、
専用の機械を使って、現場で直接吹き込んで行きますので、
敷き込んでいくタイプと違って、施工精度が高いことです。

施工誤差が少ないので・・・
隙間が無く、家全体の断熱性能を上げることができます。

0 Comments

Leave a comment