室内をきれいに見せるコツ?

「先日の庭をきれいに見せるコツ?」
境界(エッジ)を見せる・・・ことは、

何も庭だけに限ったことではなくて、室内でも同様のことが言えます。

室内の代表的な境界部分;幅木(はばき)。

床と壁の境目の木の部分です。

幅木ってなんのために付いているかというと・・・、

掃除機などで壁にキズが付くのを防ぐ。
壁を仕上げるときに床と縁が切れるので施工性が上がる。

などの理由があり、決して見た目だけのために付けている訳ではありません(笑)。

110805-01.jpg
(この住宅は、こちら

普段生活する際も、このエッジ(幅木)をなるべく見せるように心掛けると
部屋の印象がすっきりした感じになります。

幅木を見せるということは、つまり床にモノを置かないということです!

家具などもありますから、何も置かないというわけにはいかないかもしれませんが
壁は基本的に4面ありますから、1~2面の壁にモノを置かないだけで
かなり雰囲気も変わってくると思います。

おためしあれ・・・。

0 Comments

Leave a comment