ひさしや軒の長さは・・・?

夏の暑い日差しを遮ってくれるひさしや軒ですが・・・
どのくらいの長さが適性なのでしょう・・・?

それを考える上では、何のためにひさしや軒が必要なのか・・・
その効果を考えてみる必要があります。

ひさしや軒の効果・・・

まず考えられるのは、前記のとおり、強い日差しを遮って室内に入れないこと。

そのほかに、その屋根によって外壁が濡れるのを防ぐことができることも。

濡れにくくなると、外壁の劣化を防ぐことができます。

また、少し広めの軒下は、雨の日の作業スペースに使用することも可能でしょう。

0 Comments

Leave a comment