デッキ材の表面形状について

先日のデッキに使用する材料についての続き

デッキの表面形状について

110722-01.jpg
(今回のはなしとは、直接関係がありませんが、
デッキ材の硬質・高耐久な性質を利用してテラスの欄干にも、デッキ材を使用しています。
この住宅は、こちら

デッキの表面は、すでにリブ加工されている材料が多く流通しています。

リブのメリットとしては、

1滑り止めの効果

2ホコリが浮きにくく、室内への持ち込みが少ない

3植木鉢など上に置いたモノとの接点が少なくなるので、水ハケが良くなる
  (長期にモノを置く場合は、材料の劣化を防ぐために少しずつずらすことをオススメします。)

4室内への照り返しが少ない

などでしょうか・・・。

110722-04.jpg

リブについては、これといったデメリットが無いように思いますが

好みが合わない場合や、材料の”製品らしさ”を出したくない場合は、
フラットの材料を使用したり、リブ付のモノを裏面で使用したりしています。

0 Comments

Leave a comment