フローリング選び

台風明けで、気持ちのいい天気が続きます・・・。

110723-11.jpg

飯能の住宅の現場では、
現在大工さんによって、サッシ取り付け、外壁下地の仕上げ工事が続きます。

そろそろ、内部も仕上げ工事に移行して行きますので
今日はお客さんと床のフローリングをどのような材料にしようか話し合いました。

前回の打ち合わせの際に、
キズや汚れの付きにくさ、メンテナンスの簡単さなどを考慮して
堅めの広葉樹の無垢フローリング(塗装品)が第一候補にあがっていましたが・・・

フローリングについて勉強されたり、
実際の建物の雰囲気全体をお考えになった結果
木の素材感やアタリの優しさ、断熱性などから・・・
杉の無垢材(無塗装品・現場ワックス塗り)の方向に・・・

110723-10.jpg

「いやー、考えって、ほんとに変わってきますね・・・。」
と笑いながらお話になるお客さん。

変わるのは、とてもいいことで・・・
これぞ!家づくりの醍醐味だと思います。

実際のモノが立ち上がってくると、
考え方も、よりシンプルに、より直感的に
なっていくような気もします。

もちろん、視覚的なことも大事ですが、
「暮らし」という観点で考えると
触覚や体感で感じる本能的な部分が、
もっと重要なのでは・・・と思えてしまいます。

0 Comments

Leave a comment