木を自分で植えてみよう!2

昨日に引き続き・・・

「木を自分で植えてみよう!2」

植樹をするにあたっては、
できれば3本程度を不等辺三角形で配置します。
(均等に配置するのではなく、バランスよく散らして・・・)
それぞれの植木の高さも、同一にはせず、自然のバランスを考えながら・・・

このあたりが日本独特の文化だなーと再確認してしまいます。

110717-002.jpg

「庭も広くないし、3本はちょっと・・・」という方は
1本でもかまいませんが・・・

「株立ち」の木をおすすめします。

「株立ち」とは、根本から複数の幹が分かれている樹形で

1・枝が数本重なるので、ボリュームやリズムがでる。
2・枝が数本に分かれているので、大木になりにくい。
3・軽やかさや自然の趣がある。

などのメリットがあります。

木の種類によって、「株立ち」になりにくいモノもありますので
お気をつけ下さい。

写真は、右:エゴ(株立ち)左:ヤマボウシ(株立ち)倉島木工所さんです。

0 Comments

Leave a comment