基礎コンクリート

埼玉県入間市の住宅の現場です。

基礎のコンクリートが打ち上がり、型枠を外した状態です。

110627-01.jpg

コンクリートの立ち上がりも、
モルタルでレベルが揃えられています。
(建物がまっすぐに立つように、モルタルで水平を正確に調整しています・・・。)

110627-02.jpg

基礎の立ち上がり部分から、突き出している棒は、
アンカーボルトといって、これから、施工する土台(木製)と基礎を締め付けるためのものです。

上部写真前面のアンカーボルトの親分のように一際大きいモノはホールダウン金物といって
土台の上の柱を締め付ける金物です。

地震の際、「柱にかかる引き抜きの力」に対して抵抗するための金物で、
構造上重要な柱の部分に施行されています。
(古い建物には、入っていないかもしれません。)

110627-03.jpg

今日は、設備屋さんによる配管の取り出し工事中で・・・

大工さんによる土台敷が終了すると、いよいよ上棟です。

0 Comments

Leave a comment