基礎配筋

埼玉県入間市の住宅の現場です。

基礎の配筋(鉄筋を配置すること)が終了しました。

110521-02.jpg

現在の住宅の新築は、
「地盤の調査」と「建物の瑕疵担保保険」(施工の不具合があった場合の保険)
の加入が義務づけになっていますので、その保険会社の配筋検査があります。
(この物件は、配筋検査に合格しました)

もともと雑木林だったこの敷地は、地盤の一部に少し弱い部分があったので
地盤の改良工事も行っています
(今回は、地盤の固くなる2m付近のところまで、柱状のコンクリート杭を施工してあります)

110521-01.jpg

法改正などもあり、以前に比べて基礎も頑丈な造りになってきています。


0 Comments

Leave a comment