木の種類 いろいろ

独楽蔵の建物では、造作材、構造材などでいろいろな木を使用しています。

今日は少し紹介します・・・

100702-01.jpg

壁の羽目板は、タモの板目材(同じ樹種でも、板目と柾目があります・・・)
カウンタートップは、スプルス材です。

100702-02.jpg

壁の羽目板は、米ヒバ材
カウンタートップは、同じくスプルス材です。

100702-04.jpg

フローリングは、杉材
竣工すぐは、赤身と白太(しらた)の色の差がありますが
数ヶ月で、飴色に日焼けして、いい風合いになってきます。

框部分が、スプルス材です。
柱は、ヒノキの磨き丸太:直径300mm

柱の縦に筋が見えるのは、背割り(割れ防止のためにあらかじめ割ってある部分)に埋木をしたものです。

100702-03.jpg

ラワン材の木製枠
室内側にロールブラインドが納まる造りにしてあります

木製の建具が、6本(ガラス戸:2本 網戸:2本 雨戸:2本)が収まります・・・

0 Comments

Leave a comment