陰影礼賛

倉島木工所さんの夜景です。

100308-02.jpg

イルミネーションのあかりもきれいですが、窓明かりもいいものです。

「日本の漆器の美しさは、ぼんやりした薄明かりの中に置いてこそ始めてほんとうに発揮される・・・。」
と谷崎潤一郎の陰影礼賛の中にもありますが、最近の住宅は、少し明るすぎるのかもしれません。
あかりと闇のメリハリがあまりありません。

書の余白だったり、文章の行間だったり、無の境地だったり・・・
昔からの日本の考え方には教わる部分がたくさんありますが、
暗い闇の部分も、もっとスポットがあたってもいい気がします。
(いやいや、光が当たるとまずいですね・・・。)

100308-01.jpg

そんなことを考えながら、長谷川等伯の「松林図屏風」(NHKの日曜美術館で・・・)を見ました。

0 Comments

Leave a comment