フローリングの選定

坂戸市の住宅の現場

床材の選定の打ち合わせです。

100218-03.jpg

今回は、無垢のフローリングがご希望でしたので
国産材、輸入材の中からお客さんのニュアンスに近いものをチョイスして検討・・・。

100218-05.jpg

アッシュ19mm(輸入材)のフローリング

100218-04.jpg

杉15mm(国産材)のフローリング

床暖に対応しているか?
やわらかくて当たりはいい材料は、暖かいがキズもつきやすい。
現場で塗装する無塗装フローリングは、日々のメンテナンスが必要になってくるが、素材感はとてもある。
板の幅が広いと重厚感はアップするが、板のソリや曲がりが大きい。
板の日焼けの具合

などなどそれぞれの特徴をご説明した上で
今回は、杉の20mm程度の無垢材(無塗装)に決定しました。

0 Comments

Leave a comment