名栗川の眺め

飯能市の清河園別館の現場です。
1階のスラブ(床)と地中梁(床下の基礎の部分です)のコンクリート打設が終了しています。

100206-01.jpg

写真では作業をしていないように見えますが、コンクリートの床の下(今回は深さが2m程度あります)では、
コンクリートの打設に使用した型枠の解体作業が行われています。

型枠の解体は、解体専門の業者さんが作業を行います。

スラブの所々に型枠が通る大きさの穴が開いていて、そこから上に上げていきます。
上の写真の左側に見えるのが解体して下から上げた型枠のパネルです。

ちなみに上の階と下の階が同じ形の建物は(マンションなど・・・)
解体したパネルをまた組み立てて・・・という具合に、くりかえし再利用していきます。


100206-02.jpg

建物の突端は、もう河に飛び込めそうです。

100206-03.jpg

先端のバルコニーになる部分からの名栗川(入間川)の眺め

0 Comments

Leave a comment