建築・板金工事

埼玉県入間の現場です。
内部は、大工さんの造作工事が進んでいますが
外部工事は、板金屋さんの板金工事の最中です。

板金というと自動車関係、金物屋さん関係などいろいろな種類がありますが、
建築関係でいう板金工事とは、主に屋根(瓦以外)、樋(とい)、
その他・雨仕舞い(雨漏りの防止)の仕事と考えてもらえば分かりやすいかもしれません。
板金とは、その名の通り板状の金属(もともとは、ロールになっています)のことなので
主に薄い金属板を加工して扱います。
金属の種類も、銅板、ステンレス板、鉄板(むかしのトタン屋根など)、
ガルバニウム鋼鈑などいろいろあります。
むかしからある寺社などは、屋根が銅板葺きで樋も銅製も場合が多いですが
現代の住宅では、銅板は値段や酸性雨の関係で使用する機会が減っています。
鉄板(カラー鉄板)もサビや色落ちなどの耐久性の問題で使用する機会が減っています。
060202-01.jpg

(この屋根はガルバニウム鋼鈑平葺きです。)
最近は、この住宅のようにガルバニウム鋼鈑を使用する機会が増えています。
ガルバニウムは、アルミと亜鉛の合金で、サビがなく酸性雨にも強く耐候性があるのが
長所です。(軽い材料というのも長所のひとつです。)
060202-02.jpg

(水切りといいます。)
これがないと外壁を伝わった雨が軒天(軒の天井)に回り込んでしまいます。
また、万が一、外壁の内部に入り込んだ雨もここで外に逃がすようになっています。
060202-04.jpg

きれいな仕事でホレボレします。
060202-03.jpg

(外壁:ガルバニウム鋼鈑平葺き 見切り:違う外壁の材料の間の材料 
水切り:土台部分)
見切りの部分は、水が中に入って行かないように折り返してあります。
土台水切りも、外壁の仕上げの違いによって、わざわざ色分けしてくれました。

すべて板金屋さんの仕事です。
丁寧に造っていただいてありがとうございます。

0 Comments

Leave a comment