打ち合わせ(色決め) 事務所

今日は、午後から大人数の打ち合わせがあるので
ホールを暖めるために、朝から暖炉を炊きました。
20060120204805.jpg

ここのところ、とても寒い日が続くので、
薪も多めに補充しておきます。
20060120204922.jpg

小さな枝は、ソダといって風で庭に落ちたり庭木の枝を剪定したときに出てきます。
庭掃きの時に、薪置場に集めておいて、暖炉の点火材として使います。
市販の点火材もありますが、事務所の外に落ちてますし、タダだし、
庭もきれいになるので一石三鳥(?)です。

ソダの手前に積んであるのは、杉の葉です。
これも、風で落ちてくるので点火材として使います。
油分が多くて重宝します。

午後の打ち合わせは、昨日上棟があった物件のものです。
お客さんや工務店の方を含め、総勢8人の大人数の打ち合わせです。
20060120204945.jpg

通常、上棟時には、屋根の仕上げ、色・外壁の仕上げ、色などの
いわゆる外回りを決めるだけなので、短時間で終わります。
この物件の場合は、工期が短いことや、関係者がなかなか集れないこともあり
一気に内装材や外構工事までのほとんどの事項について
打ち合わせをすることになりました。

もちろん、設計の打ち合わせの段階で使用する材料は決めていますが
最終決定は、現場が始まってから、それぞれ適切な時期に打ち合わせを
行うようにしています。
お客さんも現場で実際の建物を見た後の方が感覚的に想像しやすいですし、
最初の計画の段階は、考えないといけない項目が他にもたくさんありますから・・・。
20060120205007.jpg

(打ち合わせの内容が、かなり多いためそのための資料やサンプル、見本帳など
机に並べるとこんな量になりました。)

結局、打ち合わせ自体は、4時間近くかかりましたが
お客さんの決断力の早さや工務店の方の手際の良さのおかげで、
すべての事項をその場で、決定することが出来ました。

時間がかかっても、こういうスムーズな打ち合わせは、
後にずっと気持ちの良さを残してくれます。

みなさんお疲れ様でした。

0 Comments

Leave a comment