【やりすぎない上品さ:遠山記念館(埼玉県川島町)】

約半年間、定期的に続いているヘリテージマネージャー

(地域に眠る歴史的文化遺産の発見、保存、活用、まちづくりに活かす能力を持った人材)講習も今日で10回目。

残すところあと数回になりました。

今日は歴史的建造物を数件、見学する講座でしたが、川島町の「遠山記念館」にも立ち寄りました。

「遠山記念館」は日興證券の創立者:遠山元一が、幼い頃に手放した川島町の生家を再興し、

母の住まいのために建てた家ですが、接客のための迎賓館としても使われていました。

わたしも何度か訪れたことがあるのですが、今回の訪問はたぶん10年ぶりくらい。

学芸員の方に各種銘木や収まり、建物についてなどのお話をお伺いしながら、

質問したり、ゆっくりと見るのは初めての経験でした。

遠山家は元々この地方の豪農なので、建物の各所に農家としての趣が現れていることや、

意匠的に建物全体に「やりすぎない上品さ」で統一されているというお話が印象的でした・・・。

もちろん、お金に糸目をつけずに高級な材料を使っていますし、手間を惜しんでもいないという前提ですが・・・・。


また、川島町は荒川の流域なので、あまり地盤がよくない場合が多いのですが、

「この建物の基礎の部分がどうなっているのか?」お伺いしたところ、

昭和初期の建物なので、コンクリートの基礎でしっかりとつくってあるということでした・・・。

touyama-003-1000.jpg

touyama-004-1000.jpg

touyama-002-1000.jpg

touyama-001-1000.jpg

touyama-005-1000.jpg

touyama-007-1000.jpg

touyama-008-1000.jpg

touyama-006-1000.jpg

touyama-009-1000.jpg

touyama-010-1000.jpg

touyama-014-1000.jpg

touyama-015-1000.jpg

touyama-013-1000.jpg

独楽蔵ホームページは、こちら

独楽蔵 You Tubeチャンネルは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

0 Comments

Leave a comment