【Closeのときの照明】

施設や店舗を設計する時には、

その建物が閉まっている時や、

夜間にどう見えるかも、よく考えます。

近所の方々や通りを行く人たちなど、

施設が動いている時以上に、建物はよく見られているものです。

夜になって廻りが暗くなるので、逆にうまく照明を使うと上品に目立たせることもできます。

先日、竣工したフレンドこども園(埼玉県日高市)も、

夜の雰囲気がどうなのか?ちょっと気になったので、

息子たちと散歩をしながら見に行ってきました。

一応、息子たちもこの幼稚園の卒園児なので、興味津々で、

中がどんな風に新しくなったか、とても気になる様子です。

エントランス部分のダウンライトは、タイマー式になっているので、

一定時間、入り口を明るく照らしてくれます。

今日は、日曜日なので誰もいませんが、

遊戯室を使ってる時は、木製の飾り枠を四方に廻した正面の大きな窓と側面のステンドグラスで、

中の様子や明かりがキレイに見えるばずです。

はやく園児たちが使っている様子を見てみたいです・・・。

friend-night-001-1000.jpg

friend-night-003-1000.jpg

fiend-night-002-1000.jpg

friend-night-004-1000.jpg

独楽蔵ホームページは、こちら

独楽蔵 You Tubeチャンネルは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

0 Comments

Leave a comment