【乾燥が大事!来シーズン以降の薪づくり】

薪は、含水率を20%以下にしないと薪ストーブには使えません。

含水率が高くても、燃やすことはできるのですが、

熱が薪の水分を水蒸気にするために浪費されてしまうので、

全然暖かくならないですし、煙突にすす(タール)が付着しやすくなるので、

ストーブ本体にとってもいいことは何もありません。

少なくとも半年から一年は乾燥させる必要があります。

ですから、今、作っても使えるのは次のシーズン以降・・・。

チェンソーを使った際にたくさん出るおがくず。

パッと見は、乾いているように見えますが、ビニール袋に入れてしばらく置いておくと周りは水滴だらけ。

やっぱり、含水率が高いことが容易に確認できます・・・。

28337392_1665701790156434_4880194990685502542_o.jpg

28238179_1665701776823102_2798356409007177624_o.jpg

28165087_1665701610156452_4083596325624160495_o.jpg


独楽蔵ホームページは、こちら

独楽蔵 You Tubeチャンネルは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

0 Comments

Leave a comment