【薪割りの呪文? 木元竹末(きもとたけうら)】

デスクワークの合間に、先日、伐採した事務所のケヤキの丸太を、毎日少しづつ薪にしています。
かなり大きな株のケヤキで重いので、伐採の際に短めに切ってもらいました。
短いと薪にするのにも好都合で、斧で割れば薪にちょうどいい長さになります。

上部の細い部分や、まっすぐな幹で、木目が素直な部分は、斧で簡単に割れるのですが、
根元の太い部分や二股に枝が分かれている部分は、木目にかなり癖があるので、これがなかなか手強いです。
単純に斧を振り落としただけでは、丸太に刺さることなく、ゴムを叩いた時のように斧が跳ね返ってきます。

ちょっとコツがあるんです。

①「木元竹末(きもとたけうら)」何か呪文のようですが、古い言い伝えのような、ことわざのような言葉です。
木材で、根元に近い方を元口(もとくち)、先端に近い方を末口(すえくち)といいますが、
木は元口側から、竹は末口側から割った方が、やりやすいという言葉です。

竹はやったことがないので、わかりませんが、薪は確かに元口(下側)から割った方が簡単なんです。
不思議だけど・・・。理由は定かではありません。

②太い丸太は真ん中から割ろうと思っても割れません。
端の方から年輪に沿って斧を振り落とすと割と楽に割れます。
年輪を外側から外していくようなイメージです。
まさに箍(たが)が外れたように割れていきます。
力学的なバランスが崩れるのかな・・・。

③乾燥させてから割った方がいいという方もいますが、私は経験上、生木のほうが割りやすい気がします・・・。

27336956_1642192402507373_698061653118433710_n.jpg

27073417_1642192412507372_3793103357673540057_n.jpg

27541092_1642192415840705_7985100167015115051_n.jpg

27067592_1642192419174038_4774796921197244335_n.jpg

0 Comments

Leave a comment