【蓮とユニバーサルデザイン】

蓮は、遥か恐竜の時代からの植物で、

花びらや雄しべ、雌しべの数が多くて、整理されていない、

古代の植物の特徴を残しているそうです。

器用に飛び回る蜂やアブの登場以前は、コガネムシの仲間が受粉の役目をしていたらしい…。

真ん中の部分は雌しべなのですが、そこが平らになっているのは、

不器用なコガネムシが、ちゃんと着地できるようにとの配慮だそうです…。

そう思って見てみると、確かにヘリポートに似ています。

平成の朝も、たくさんのコガネムシが集まっています。

花の形態進化は、虫と共にありますね。

蓮華座のお釈迦さまから、コガネムシまで…、これぞ元祖ユニバーサルデザイン…。

ちなみに、中央の雌しべが、実となって落ちた後の無数の穴の状態は、

蜂の巣に似ているので、「ハチス」と呼ばれています…。

19990604_1567495733330863_1317354692910326106_n.jpg

19989452_1567495736664196_8991437413959882660_n.jpg

19961563_1567495739997529_6014695726783078115_n.jpg

19961614_1567495743330862_3009123051614002421_n.jpg

20108247_1567495803330856_4119746133967096955_n.jpg

独楽蔵ホームページは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

0 Comments

Leave a comment