【敷地の高低差を利用する ②】

先日の住宅に引き続き、今回の住宅も道路から約1m高い敷地です。

条件が違うのは、敷地の方位です。

こちらの住宅は敷地の北側が道路に面しているんです。

ですから、開口部も少ないし、小さいですよね・・・。


前回と同様に、擁壁(ようへき:土留め)と建物の基礎を一体化して、

駐車スペース(2台分)は道路と同じ高さに造成・・・。

外壁に廻った太いグレーのラインが、ちょうど敷地の高さになります。


外には階段はありませんし、では、段差をどこで解消しているのか・・・?


答えは、玄関(内部)です。


玄関ドアを開けると階段がある不思議な玄関です。

車庫の奥にもタラップが見えますが、これは勝手口用・・・。

この敷地の段差のおかげで表の駐車スペースの上部は、跳ね出しで有効活用。

ちなみに押入れになっています。

18922587_1415588315167784_7317254321264523422_o.jpg

19055339_1415588321834450_7806035751353540069_o.jpg

19055515_1415588385167777_8879910223908612323_o.jpg

19055517_1415588458501103_7670186061033619836_o.jpg

19023428_1415588515167764_144402566671221218_o.jpg


独楽蔵ホームページは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

0 Comments

Leave a comment