【牧野記念館:設計者の視点から見た特殊な収まり・・・】

①排煙窓の収まり

排煙窓は、火事の際、室内から煙を出すための窓。

ですから、一般的に壁の上のほうについています。

壁材と同様の杉板をパネルにして収めてあるので、目立たないような配慮があります。

ここでは、壁に合わせて、一つ一つ大きさが違うので、計算が結構大変なんです。


②キール(背骨部分の鉄骨梁)

何十メートルと長い部材なのに、ジョイント部分がありません。

現場溶接のはずですが、溶接部分がわからないくらいキレイに仕上がっています。

キールは筒状の梁で柱同様に、細く仕上げてあります。

構造の鉄部はキールくらいで、横繋ぎは屋根の下地材の垂木(木)で繋いである特殊な工法です。


③雨水の収まり

中庭側の雨水は、数カ所の縦樋に集められて、地下ピットに・・・。

その途中で水生植物の水源として利用されています。


④敷地の高低差を利用したステージ広場


⑤本館は、一見平屋に見えますが、2階建てで、管理部門がB1(1階?)にキレイに収められています・・・。


170515-03.jpg

170515-02.jpg

IMG_1566.jpg

IMG_1589.jpg

IMG_1560.jpg

170515-01.jpg


独楽蔵ホームページは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

0 Comments

Leave a comment