【牧野植物園の建物】

高知県立牧野植物園のメインの建物

[牧野富太郎記念館:本館&展示館]は、

建築家:内藤廣さんの設計です。

1999年オープンですので、竣工から約18年経過しています。

「建物を周囲の木々よりも低くして、環境に溶け込ませる」という当初の方針通り、

現在、まわりの木々が大きく成長して、建物の存在は周囲からあまり感じません。

面積も大きくて、ボリュームもあるはずなのですが、とても軽やかな建築です。

全然、威張ってないですし・・・。

パンフレットの空撮写真や工事途中の写真を見ると、

長いスパンの時間をかけて風景が出来ていった様子がよくわかります。

設計を行った内藤さんも、もちろん凄いのですが、

長年、この施設を運営、監理されているスタッフやボランティアの皆さんの日々の努力が、

とても感じられます。

植物も愛されていますが、建物も愛されている様子・・・。

このくらい大きな施設になると、

長い年月で、建物の使われ方やサイン、展示などが徐々に変わっていって、

当初の設計の考えや施設の志が薄まっていくことがよくあります。

たぶん、この植物園は、建物も含めて竣工当時の状態で、

現在も同じように使用されているような気がします。

牧野富太郎さんの志も、ブレることなくこの植物園で受け継がれています。

18425488_1386693264723956_6746997635758298261_n.jpg

18341969_1386694268057189_7111007532472680420_n.jpg

18402654_1386692628057353_4917868011840317384_n.jpg

18403630_1386693514723931_7342117216610119381_n.jpg

18403130_1386692588057357_549626397893654873_n.jpg

18446805_1386692604724022_5608053611709315422_n.jpg

18342592_1386692594724023_4899311507047892730_n.jpg

独楽蔵ホームページは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

0 Comments

Leave a comment