【高知に行ったら、ぜひ[高知県立牧野植物園]へ!】

帰省(鳥取)の帰り道、少し(?)寄り道して、高知市に行ってきました。

メインの目的は、[高知県立牧野植物園]を訪れること。

牧野植物園は、植物園の役割である保存、研究、教育普及、集いの場のすべてを備えた総合植物園で、

高知出身の「日本植物分類学の父」植物学者:牧野富太郎博士の業績の展示も行われています。

本館や展示館など、建物が整備されて、園が現在のカタチになったのが、

1999年ですから、約18年経過して

植物や建物がどういう具合に成長したのかを見るのも、楽しみなトコロです・・・。


牧野博士は幼少から植物に興味を持ち、

独学で植物学の研究を続けた後、

東京大学理学部植物教室で植物分類学の研究に没頭、

最終的には、理学博士の学位も得たそうです。

ですが・・・、驚くことに、その学歴は、小学校中退。

すごいですよね。


正門から入った最初のアプローチは、土佐の植物生態園。

土佐の自然を再現した庭だそうで、

「自分の家の庭もこんな雰囲気だったらいいなぁ〜」と思わせる身近な山野草の風景です。

ジッと覗いて見ると「これ雑草なんじゃないか?」と思われる植物にも、

すべて植物名のプレートがついています。それも説明付き。

1カ所を眺めているだけで楽しくなって時間を忘れます。


多くの植物の命名を行なった博士は「雑草という名の植物はない」というコトバを残したそうですが、

まさにそのコトバが、この植物園各所で体現されている印象を受けます。

植物園の目的の一つ、「教育普及」のコトバ通りに、高校生以下入園料無料。

さすがです。

こういうことに税金を使ってほしいです・・・。

受付を過ぎるとボランティアの方(?)、スタッフの方から、

[牧野ボタニカルアドベンチャー]という小冊子を渡されます。


マップを見ながら園内をまわって、小冊子に載っている植物に、

その花の形のスタンプを押していくという植物スタンプラリーのようです。

小冊子も花のスタンプも、とてもキレイにデザインされていて、感心します・・・。


元々、竹林寺の境内だった五台山山頂付近の敷地は広大で、園内をトレッキングしているような感覚にも・・・。

牧野富太郎博士の考えが体現された[高知県立牧野植物園]は、

植物愛に満ち満ちていて、ただただ感動!

ここを訪れるだけでも、高知に来てもいいと思わせてくれます(私だけ?)。

高知にお立ち寄りの際は、ぜひぜひお立ち寄り下さい。


オススメです!!


18274813_1382518598474756_7991543147504391048_n.jpg

18301660_1382518491808100_7185504295302992125_n.jpg

18301893_1382518611808088_3830240920920174730_n.jpg

18301233_1382519101808039_4965387976683401995_n.jpg

18342771_1382518658474750_811689917853594782_n.jpg

18301097_1382519218474694_447420053302427041_n.jpg

18301338_1382518665141416_202451382952183234_n.jpg

18268581_1382518595141423_2717096366572380192_n.jpg


独楽蔵ホームページは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

0 Comments

Leave a comment