【八雲の神様…】

熊野大社、神魂(かもす)神社、八重垣神社と
久しぶりに、松江市八雲町界隈の神社を参拝しました。

熊野大社は、少し影が薄い印象もありますが、出雲大社と並んで、出雲國の一宮。境内の雰囲気も格式が感じられます。このあたりの神社に共通していえることですが、建物も水平に伸びやかで、プロポーションがとてもキレイです。

火災で、過去の資料が全て焼失したそうで、影が薄い印象もその辺りのことが関係しているかもしれません。そういう意味では、日本は、過去の文献がかなり残っているほうだと思いますが、現代でも未来のために、記録をキチンと残していくことは大事なことだと感じます。

神魂(かもす)神社もあまりメジャーではないかもしれませんが、本殿は現存する日本最古の大社造の建物で、国宝です。参道から本殿と、独特の古い時代の雰囲気があって、ある種のオーラを感じます。

最近では、八重垣神社が1番メジャーかもしれません。参拝の方もたくさんです。一応、流行にそって、「鏡の池」の縁占いも…(笑)
















0 Comments

Leave a comment