【使う壁・使わない壁】

大きな壁があると、絵やカレンダーなど・・・

いろいろなモノで飾ったり、家電や家具を置いてみたりしたくなりますが・・・、

部屋をスッキリとさせたり、きれいに見せるためには、何もしない余白の部分も大事です・・・。


そうはいっても、小さなお子さんのいるご家族は、

習字や賞状、写生に工作、給食の献立や連絡網まで・・・

飾るモノが盛りだくさん。

どんどん増えていきます。


そんな生活の中で、余白を死守するため(笑)には、

やはりあらかじめ、どの壁を使う壁にするか考えておく必要があります。

写真は先日、塗装のサンプルで選んだ杉板の壁。

白色浸透性の保護塗装をした杉板と、

同じく白いオイルペイントをしたフラットバー(鉄)が交互に並んだまさに「使う壁」です。


簡単に水平をそろえて飾ることができるのもミソの一つ、

使いやすいように表面もそろえてフラットにしてあります。

画鋲、釘、ビス、マグネット何でもござれ・・・。

でも、忘れた頃(2~3年後)に、接着剤の跡が黒くなってしまうセロテープやシールは、使わないでね〜〜。


170414-01.jpg

170414-02.jpg

170415-03.jpg


独楽蔵ホームページは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

0 Comments

Leave a comment