【芝のお手入れ:エアレーション】

啓蟄(けいちつ):菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

土の中から、虫たちが這い出してくるこの季節。

芝の成長もこれからです。

スパイクのついた道具を使って、一定の間隔で、土に穴を開けていきます。

芝の根に空気を送ってやることで、芝を活性化させるのです。

この作業をエアレーションといいます。


このエアレーションによって、水はけも良くなりますし、古い根の根切りの刺激で、より発育が促進されます。

今日は久しぶりにいい天気になりました。朝一番の仕事は屋上の芝のエアレーションです。

17351977_1405149572898814_153782204057902458_n.jpg

17352510_1405149562898815_791551958432324455_n.jpg

17361985_1405149569565481_5776721039101024352_n.jpg

17353364_1405149566232148_452849374277075683_n.jpg

独楽蔵ホームページはこちら

0 Comments

Leave a comment