【手書きの図面】

住宅のリフォームの計画を検討するために、事務所の小屋裏から以前の図面を探してきました。

小屋裏には、約45年分、今まで書いた手書きの図面が保管してあります。

図面を確認すると西暦1979年。今から38年前ですね。

最近は、極力シンプルで単純な収まりや、あえてデザインをあまりしないような傾向がありますが、

これは、各所の収まりやこだわりなど、かなり密度の高い図面です。

しっかりとした線の始点と終点、濃淡、スピード感、ディテール、図面全体としての配置など・・・・、

図面を見ると、当時の熱量をビンビン感じます。

とても、見やすく、内容もダイレクトにわかります。

そして、線、一本一本に意思があって、それがこちらに訴えてきます。

「今、これと同じような熱量で、仕事に関わって、図面を書いているのか・・・」と・・・・。

図面は、もちろん、私が書いたモノではありませんし、

最近はCADを使って作図をしているので、

手書きの図面をみるのも久しぶりのような気がします。


よし、がんばろう〜!

17201157_1397685460311892_2200923223280858245_n.jpg

17264945_1397685463645225_7930695471462789649_n.jpg

17264465_1397685466978558_3268457441776417603_n.jpg

17203116_1397685473645224_4051608527887434079_n.jpg


独楽蔵ホームページはこちら

0 Comments

Leave a comment