【第4回:木質ペレットの需要を増やすために、今すぐ出来ること】(他の使い方を考えてみる)

まず、ペレット燃料の特徴のおさらいです。

① 体積は木材チップの1/2、容積当たりの発熱量は3倍 

   → 優れています!

② 同じ発熱量で、灯油とのコストの比較 灯油1ℓ:ペレット2kg=約78円:約100円

  → 薪と比べると割安ですが、灯油、ガスなどと比べるとあと一歩。

③ 全世界の年間生産量は、2800万トン(2015年データ)に対して、日本は年間12万トン。

需要も右肩上がりの世界に対して、頭打ちの日本。生産能力はありますが、

工場自体が小規模で季節生産のため、単価が下がらない。
  
  →ペレットボイラー、ペレットストーブの認知、導入の増加が進まず、需要が増えていない。

④ 生産が増えない上に安い海外ペレットの輸入が増加している。


上記の問題を根本的に解決するには「大きな工場での大量生産して、ペレットの単価を下げること」と

「ペレットストーブ、産業・家庭用のボイラーの普及による需要の増加」の両方が必要ですが、

現状ではなかなか難しいところです。


現状でペレットの使用量を増やすためには、

ペレットストーブやボイラー以外の使用の仕方を提案をすべきだと思います。


提案① 薪ストーブでペレットを燃やす

ペレットの家庭での使用は主にストーブだと思われますが、ペレット国内生産量の約5%ほどしかありません。

国内ペレットストーブの台数:約1万台(正確なデータはありません)に対し

、薪ストーブは、約14.5万台(薪ストーブ協会の20年間販売台数ですので全体の数字ではありません)

台数が15倍ですので、薪と併用で使用することができれば、かなりの使用量になるはずです。

薪を無料で集めている人にはお勧めはできませんが、

購入されている方には、金額的には薪より安いので、メリットがあると思います。

ただ、ペレットは、乾燥圧縮の加工がされているので、自然吸排気の完全燃焼には少し難があります。

燃やし方には、コツや補助器具(ペレットバスケットなど)が必要な場合がありますので、それは次回に・・・。


提案② ロケットストーブでペレットを燃やす

ロケットストーブのドラフトでは、十分に燃焼可能だと思います。

室内の暖房用では使用出来ませんが、

「キャンプ、バーベキューなどのレジャー用」と「災害の給湯・暖房用の備蓄」が考えられます。


提案③ 猫砂など全く異なる分野への応用

少しずつでも、ペレットの認知や使用量が増加すれば、現在の状況は段々改善されていくような気がします。

次回は、実際に薪ストーブで、ペレットを燃やしてみたいと思います。

170304-02.jpg

独楽蔵ホームページはこちら

0 Comments

Leave a comment