【10年後には、街が緑で溢れるかも・・・】

建物を建てる際に「緑化計画の届け」を提出しなければならない自治体が増えてきたように思います。

埼玉県では、敷地が3000㎡を超える場合は、かなりの面積の緑化が義務になっています。

敷地が1000㎡〜3000㎡の場合も、緑化の届け出が必要になります。

1000㎡〜3000㎡というと、広さもわかりにくいかもしれませんが、

ちょうど、色々な店舗やコンビニ、マンションなどの大きさです。

なぜか、それらの建物には、あまり緑化のイメージがないですし、実際に緑化されてもいません。

それは、まだ、法律が基準だけで、届け出のみの努力目標だからです。

実際には、植樹にもお金がかかりますし・・・。


かたや、鎌倉市の風致地区などは、従来の環境を守るために、

住宅を建てる場合でも敷地の20%以上の植栽面積を確保しなければなりません。


同じようなことが、「バリアフリー関係の法律」でもありました。

10年ほど前は、努力目標の基準(福祉のまちづくり条例など・・・)でしたが、

最近はずいぶん義務化されて、法律もかなり整備されてきたと感じます。


やはり、一般の方の認知と社会環境が変化するのには、

そのくらいの期間が必要になってくるのではないかと思います。


今後、「緑化」自体の方向性は、変わらないと思いますので、

もしかすると、10年くらい経つと街が緑でいっぱいになるかもしれませんね。

komuro-ga-01-1000.jpg

独楽蔵ほーむぺーじはこちら

0 Comments

Leave a comment