【ランプナイト】

今日は、インダストリアル(産業用)ランプのお話を聞きに、神楽坂に出掛けました。

時代的には、1930年代〜1970年代くらいのライト。

電気のインフラ自体の問題や工業化の具合から、ドイツやフランスのモノが中心です。


Kandem/Midgard/Kaiser/Rademacher(ドイツ)

GRAS/ Jielde(フランス)

Anglepoise (イギリス)など…、

各国のお国柄が現れているメーカーのランプを時代に沿って、いろいろと見ることができました。


どれも、とても状態がいい感じで、見ていると欲しくなってしまいます。

普段の生活の中では、同じような趣味の人にあまり遭遇しないので、

聴衆の人が結構、多く集まっているのにも、ちょっとびっくりしました。

皆さん案外、詳しいし…。

東京恐るべしです。

そして、自宅にあるブルーグレーのホーローが特徴の

Rademacher(ラーデマッハ:ドイツ)社製スタンドライトは、

やっぱり好きだなぁ〜と再認識。

ちょっと気持ち悪い奴ですかね…。

16683841_1301858209874129_7169331650830788351_n.jpg

16864439_1301858213207462_4370075187748111741_n.jpg

16832068_1301858216540795_6132753614606618856_n.jpg

16938631_1301858219874128_8755183148468982830_n.jpg

独楽蔵ホームページはこちら

0 Comments

Leave a comment