【第2回:優れているのに、なぜか認知度の低い「木質ペレット」について・・・】(これからのエネルギーとして、ペレットについて、よく考えて見る )

最近、次世代エネルギーとして話題の「木質ペレット」、いやいや、ホントはそんなに話題になっていないですね・・・。

あんまり話題にならないので、皆さんあまりご存じないと思います。接点もないですし・・・。まずは、どんなものなのか・・・?

「木質ペレット」は、間伐材や、おが屑(くず)、かんな屑など、製材副産物や廃棄物(樹皮、建築廃材など)を、

乾燥させて、圧縮成型した小粒の固形燃料のことです。

ペレット最大の使用先は、バイオマス発電の燃料用の40%、次いで農業分野、保養福祉施設などの給湯、暖房などです。

家庭用は主に、ペレットストーブなどの暖房用やボイラーなどで、ペレットの生産量全体の5%程度です。

ペレットは、乾燥圧縮の加工がされているので、体積は木材チップの1/2、容積当たりの発熱量は3倍の優れた燃料です。
また、一般的な燃料の灯油と比較すると発熱量は1/2なので、灯油1ℓに対してペレット2kgで同じになりますね。

単価的に比べてみると、灯油1ℓ:ペレット2kg=約78円:約100円なので、コスト的には、そんなに大きな差はないよ
うに思われます。

不要なモノから作れて、地産地消にも貢献できて、燃料的にもこんなに優れた材料なのに、知名度も低く、なぜか人気がないペレット・・・。

ちなみに世界的には年々普及も進んでいて、全世界の年間生産量は、右肩上がりの2800万トン(2015年データ)。

ちなみに、日本の「木質ペレット」の生産量は、少しずつ増えてはいるものの年間12万トン。しかも、近年は価格の安い外国産(主にカナダ産)が輸入されて、国内生産量は頭打ちです。

「では〜、工場をジャンジャン作って、大量生産して、価格をさげればいいんじゃないか」とすぐに思ってしまいますが、問題はそんなに単純ではありません。

実は、既存の生産能力は余っている状態なんです。

工場の平均稼働率は、12.5%。季節稼働している工場が多いそうです。

問題は、小規模で生産性の低い工場が多いことや製品利用の増進がなく、

マーケットとして「木質ペレット」が流通していないことです。

埼玉でも、飯能や東松山でペレットの生産をしてますが、

近所のホームセンターを数件廻っても、どこにも置いてありません。

(生産工場に行くと直接購入できます。)

ちなみに、ホームセンターでは、その他の燃料の灯油、薪、豆炭、練炭、ナラ炭、備長炭は、

しっかり販売していますので、それはやはり需要がないということでしょう・・・。

余談になりますが、そのホームセンターにも、ペレットの需要があることは、あるんです。

それは、消臭効果のある「猫砂」としての用途として・・・。

たぶん、燃料用のペレットと同じモノだとは思うのですが、

成分表示がないので、家で燃やすのにはちょっと不安があるのですが・・・。


唯一、近隣の薪/ペレットストーブのショップにありましたが、それも埼玉産ではないんです。

(それには、いろいろと理由があるのですが、横道に逸れてしまうので、次回に・・・)


また、「国産」と聞くと品質は良さそうですが、

ペレットに関しては、日本産は製品としてのバラツキが大きくて、まだまだ世界基準に追いついていないようです。

これって、農業(お米の問題とか・・・)とか、林業(製材した国産材の消費・・・)、

漁業、水素/電気ステーション、地熱発電、フリーWi-Fiなどの問題と根本的に同じような気がします。

構造的な問題ですので、なかなか解決は難しいと思いますが、

どうすれば、より良い方向に進んでいくか、個人的にできることを含めて、考えてみたいと思います。


次回は、【第3回:木質ペレットから見えてくるお国柄】について


16865106_1377847175629054_8225476939090001787_n.jpg

独楽蔵ホームページはこちら

0 Comments

Leave a comment