【昔の道具から今の道具へ・・・】

今日は、久しぶりに飯能市(埼玉県)名栗のお宅にお邪魔しました。

約10年前にリフォームでお世話になったお客様です。

改修の際に、リビングに薪ストーブを設置したのですが、

それからは冬のシーズンは主暖房として活躍しているそうです。

今日も家に入るとすぐに、お母さんが薪を足して部屋を暖かくしてくださいました。

ストーブの廻りには、年期の入った火の道具がズラリ・・・。

火の着いた炭を運ぶための「台十能」、残りの炭を入れて置くための「消し壺」、火箸など・・・。

どれもお母さんが嫁いだときにはあったモノだそうです。

電気やガスの生活になってから、ずっと使わなくなった道具が、

新しく薪ストーブを入れたことによって、また現役の道具になったそうです。


なんだか、とてもうれしい気持ちになります。

「台十能の側面には、千鳥の模様があるんですよ。」とお母さんがそっと教えてくれました。

ますますうれしい気持ち・・・。


170218-02.jpg

170218-01.jpg

170218-03.jpg

170218-04.jpg

0 Comments

Leave a comment