【瓦屋根をよく観察してみると・・・】

瓦の種類はいろいろありますが、同じ瓦でも使う部位によって、いろいろな種類があります。

写真は日本瓦(いぶし銀)の棟部分。

棟瓦は丸瓦と熨斗(のし)瓦で構成されていますが・・・、

丸瓦と熨斗(のし)瓦にもやはり様々な種類があります。


今回使用してるのは、素丸(すまる)瓦・素熨斗(すのし)瓦で、一番シンプルなカタチのモノです。

屋根全体をスッキリとした印象にすることができます。


一般によく使われているのは、紐丸瓦。

紐丸瓦は、帯状に「重ねしろ」のついた瓦で、雨仕舞いや施工性がいいという特徴があります。


かたや、素丸(すまる)瓦は、帯がなく、全体に繋がって見えますので、

ちょっとでも曲がっていると目立ってしまいます・・・。


シンプルにすることは簡単そうですが、逆に手間のかかることが多い気がします・・・。

13659205_1093471684046117_7761224714376415829_n.jpg

13599844_1093471707379448_4928332224900766807_n.jpg

13645233_1093471740712778_5944791499610582829_n.jpg

13625383_1093471810712771_3380535458445502044_n.jpg

0 Comments

Leave a comment