現場監理(左官工事)

埼玉県の住宅の現場です。
(後ろのパネルは、隣のマンションの現場の足場です。)

20060612200253.jpg

建物の外部は、左官屋さんによるモルタル下地の施行中です。
モルタル下地は外壁吹付け仕上の下地となります。

下のミキサーで作ったモルタルをリフトで足場の上に上げています。

20060612200309.jpg

モルタルを一度に厚く塗ると表面と内部の乾きの違いやモルタルの自重がかさむことから、
ひび割れ、垂れ、落下など施工不良の原因となります。

ですから、薄く乾燥させながら数回に分けて施工していきます。
(この時期は雨が多いので、工程が大変です。)

20060612200323.jpg

現在は一番始めの下塗りの段階です。
モルタルの下に見える網は、メタルラスといって
モルタルのくいつきをよくして、ひび割れを防止するための材料です。

20060612200344.jpg

バルコニー内壁の施工

床を汚さないように養生をしてからの作業になります。

0 Comments

Leave a comment