【子離れの家】

先日、以前のお客さんから、写真と一緒にうれしいメールが送られてきました。

ーーーーーーーーーーーーーー
独楽蔵様

ご無沙汰しています。
時が経つのははやいもので、
長男は今年から大学進学でひとり暮らしスタート。
次男は高校生となりました。

家族の黄金期を過ぎ、まさしく「子離れの家」となりましたよ。
我々夫婦も我が家同様に経年がすすみ、味わい深くなっています。
独楽蔵さんと建てた我が家の10年後をお見せしようと画像を送りますので懐かしんでください。

ーーーーーーーーーーーーーー

千葉のIさんの家は、外房にあります。

家が完成したのは12年前ですので、

お子さんは幼稚園の年長さんだったか1年生だったような気がします・・・。

人の子供は、成長がはやくて、びっくりしますね・・・。


基本的に平屋の住宅で、玄関土間の「丸太」の飛び石を、

右にいくと家族のスペース、左が子供のゾーンと分かれていたので、

[こども・はなれの家]というニックネームがついていました。

12年経過して、まさにその通りになったらしいです・・・。


「子供部屋が離れているので、子供が中高生になったときに、

夜中、勝手に家を出て行かないか、心配。だって、俺がそうだったから・・・。」

とおっしゃっていたご主人を思い出して、ちょっと可笑しくなりました。


[こども・はなれの家]はこちら


image6.jpg

image7.jpg

image5.jpg

image2.jpg

image1.jpg

0 Comments

Leave a comment