【ポジフィルムのデータ化】

計画した建物が出来上がった際には、なるべく撮影をするようにしています。
ですから、事務所には、その時々に撮影した建築の写真が約30年分あります。
その多くは、デジカメがなかった時代のスライド(ポジフィルム)です。

以前は、打ち合わせの際に、お客さんにあえて夜、来ていただいて、
いろいろな家の事例を映写機でお見せしていました。
ホールに大きなスクリーンを設置して、
お客さんの嗜好に合った建築、あえて全く関係性のない住宅のスライドを数件、
映写機のマガジンに中にチョイスして入れていました。

そういえば打ち合わせの度に、お客さんのことを考えながら・・・、
かなり時間をかけてスライドを入れ替えていた気がします。


お見せしている分際でいうのもヘンなのですが、
映像の中の空間と実際の空間はかなり違います。
やはり空間は、実際に体験しないとわからないと思います。

それでも、あえて手間のかかるアナログの大きな画面でお見せしていたのは、
映像の中の空間の印象が、実際の空間に近かったからかもしれません・・・。

この文章を書きながら、忘れていた大事なことを想い出してしまいました。
(よかったです。これから、どうすればいいか考えて見ます。)


最近は、印刷物をファイルにまとめたり、液晶の画面で、すぐにお見せしたりしています。
(これも考えないといけないですね。)
ですから、大量のスライドは、めったに使わなくなりました。


10年くらい前になりますが、大量の写真のストックを仕舞い込んだままではもったいないので、
スライドからデジタルのデータして残そうと思い、
当時、割と高価だったフィルム専用のスキャナーを購入しました。

実際、作業をしてみましたが・・・、
データの取り込みに思いのほか時間がかかることや
連続で4枚(マウントの場合)しか取り込めないこと、
さらに取り込んだ画像が想像以上に不鮮明だったことがあり、
その後は断念・・・。

最近、リースのコピー機の更新があったので、
フィルムスキャンの機能がないか営業の方にも聞いてみましたが、
オプションでもそのような機能はないようです。残念・・・。

調べてみると、近年はフラットベッドスキャナーの性能があがったようで、
スライド(ポジフィルム)もきれいに取り込める機種があるそうです。
長年の気を取り直して、フィルムスキャン用に新しく買い換えてみることにしました。

フィルム専用機も、フィルム自体がもう増えないので、
製品のカテゴリー的には先細りのようで、
機能や性能などは以前とあまり変わっていない様子でしたし・・・。


フラットベッドスキャナーを実際に使ってみた感想は、とてもいいです。
専用のホルダーで12枚(マウントの場合)連続でスキャンできるのはとても楽ちんで、
速度も早い気がします。(以前に比べてですが・・・)

画質も若干鮮明さが気になりますが、以前のフィルム専用機よりもキレイな気がします。
WEBで画像を使用するにはまったく問題ないと思います。
読み取り時にフィルムの埃やチリを掃除しなければいけないのは仕方のないことなので、
ちょっとづつデータ化しながら、 HPなどにアップしていきたいと思います。

160426-001.jpg

160426-002.jpg

160426-003.jpg

0 Comments

Leave a comment