埼玉県飯能市で「小室クリニック」さんの上棟式がありました。

築50年の鉄筋コンクリート3階建ての病院から、木造2階建てのクリニックへの立て替え計画です。

建物を計画する上で、クリニックを木造にするということは、

耐火性、耐震性、法律(建築基準法)、防音製などの観点から

クリアしなければいけない問題がたくさんあります。

150823-03.jpg

しかし、少し考えただけでも木造建築には、

地産地消、環境負荷の軽減、工期短縮、工費軽減、完成後の可変性などのたくさんのメリットがあり、

これから未来の建築を考える面でも、時代の流れにあった、とても魅力のある工法だと思います。

150823-05.jpg

これからは、街中で、中高層の木造(耐火仕様の)建築がだんだん増えていくような気がします。

患者さんにとって優しかったり、また、飯能市は森林都市ですので、

そういう意味でも地域性にあった建物になるのではないかと・・・、

完成が愉しみです。

150823-09.jpg

150823-10.jpg

150823-02.jpg

150823.jpg

独楽蔵ホームページ

0 Comments

Leave a comment