ハンモック2000 設置

住宅の設計をしていると、

時折、お客さんから「リビングにハンモックを設置したい」

というご要望をよくお聞きします。


ハンモックの設置には、吊り金具の取り付けが必要で、

下地(柱のような重量に耐えることができる下地がほしいところです・・・)や、

ハンモックを設置するための適正な幅(3000~4000mm)が必要になります。


できれば事前に、設計の考慮にいれておきたいものです・・・

150602-02.jpg

先日、私も以前からほしかった

カラーパターンや素材にこだわりのある“ハンモック2000”を自宅用に購入してみました。

“ハンモック2000”には、手織りコットン布地のブラジリアンタイプと

綿糸を使用したネットタイプのメキシカンがありますが、

ブルー系単色のグラデーションがキレイなメキシカンタイプを購入・・・。


設置幅はサイズによって異なりますが、

自宅の取り付け可能な場所が4100mmだったので、

キングサイズ(耐荷重350kg設置幅3700~4100mm)を選びました。

150602-05.jpg

“ハンモック2000”のHPに書かれていた解説のとおりに、

リング(耐荷重120kg/個)を目線の高さにつけてみましたが、

ハンモックがちょうどいい高さにならず、

ホームセンターでカラビナを購入して幅を調整しました。

カラビナ4つ分(約300mm程度)距離を縮めるときれいなカーブで、気持ちのいい乗り心地になりました。

150602-11.jpg

設置幅や高さで、座り心地もずいぶん違うようですので、

設置の際は微妙な調整が必要な気がします・・・。

150602-10.jpg

一緒に、ハンモックを畳んで吊すことができるように、天井の梁に丸環を設置。

これで、リビングもスッキリ。出し入れの必要がなくなりました。

150602-04.jpg

とってもキレイなブルーなのですが、

子供達が”定置網“にかかったなぞの生物に見えてしまうのは私だけでしょうか・・・(笑)。

150602-06.jpg

150602-08.jpg

150602-09.jpg

独楽蔵ホームページ

0 Comments

Leave a comment