飯能市東吾野の住宅の現場です。

大工さんが内部の造作から外壁の工事に移ってきました。

外壁は、杉板の南京下見張りといって、下から板を重ねて張り上げていく工法です。

水切りと収まりがいいので昔からよく使われている張り方です。

150119-02.jpg

昔ながらの収まりですが、板が薄かったり、

幅広だったりすると板割れやソリが多く発生したりしますので

(昔の建物は薄くて幅広の場合が多いです・・・。)

板厚や板幅を少し工夫をして使用しています。

150119-01.jpg

内部は電気屋さんや建具屋さんが作業中・・・。

お客さんが「これを使って欲しい。」と古いノブをお持ちになったので、

みんなでどこに使おうか考え中・・・。

独楽蔵ホームページ

0 Comments

Leave a comment