埼玉県高麗川の畔の家

141002-02.jpg

埼玉県高麗川の畔の家の現場です。

リビングの柱・梁は数本、古材を現し(あらわし)にする予定になっています。

使用する部材は、お客さんのご希望で通常より細めの(華奢な・・・)古材を選んでいます。

現場は現在、内部の造作作業中ですので、使用する古建具(お客さん支給)も現場に搬入。

建具の寸法にあわせて、大工さんが枠を加工していきます。

141002-01.jpg

昔の建具は、5尺8寸(約1760mm)前後の場合が多かったり、

見付け寸法(厚み)やガラスが薄かったり・・・、

使用する際にすこし調整する必要がある場合があります。

今回は、なるべくそのままの状態で使うつもりですが、玄関ドアの高さだけは、

150mm程度かさ上げする予定です。

141002-03.jpg

コパトン(埼玉県マスコット)はさいたま県産材のマークです。

141002-04.jpg

まわりも段々、秋らしい景色になってきました・・・。

0 Comments

Leave a comment