屋根葺き作業

現場で職人さんが一列に並んで作業中。

140702-01.jpg

トラックの荷台に積んである機械から、スルスルと板状のモノが・・・。

140702-02.jpg

完成品は、全長約15.5m。

これは建物の屋根材料、「ガルバニウム鋼板」の板材です。

140702-04.jpg

トラック荷台の機械はガルバニウム鋼板の折り機。

機械の横に積んである平板ロール(ガルバニウム鋼板の薄板(厚0.35mm))が、

この折り機を通過すると折り返しのついた屋根材になります。

140702-03.jpg

通常は4m程度の長さのモノをつなげて使用する場合が多いと思いますが

独楽蔵では防水や意匠上の観点から

継ぎ目をなくした一枚物で葺いてもらうようにしています。

15mともなると制作物を運搬することも難しいので・・・

通常工場で行う作業を現場でやってもらっています。

140702-05.jpg

明日からはクレーンで材料を荷揚げして屋根葺き作業です・・・。

0 Comments

Leave a comment